top of page

ヘイトスピーチと言論の自由「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」第8回 11/20(日)20時@オンライン

グローバルな場で必要な英語力て何?「日本の今」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。

新企画「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」のワークショップ第8回「ヘイトスピーチと言論の自由」を11/20(日)20時@オンラインで開催します。このワークショップの解説と設問は後日発表します。以下新ワークショップの案内です。


「新・日本の論点」第8回ワークショップ「ヘイトスピーチと言論の自由」のご案内


新・日本の論点」は外国人と一緒に仕事をする機会のある方、留学予定の方には必修の内容だと思います。多くの日本人は初めて海外で暮らした時、或いは取引先や同僚の外国人から、これら日本の諸問題に関して英語での説明をしばしば求められるからです。この教材の英語はそれほど難解ではありませんが、深く社会問題を理解していないと発言できないテーマばかりです。


このワークショップの第8回を 11/20(日)20時からオンラインで開催します。今回はイーロン・マスク氏によるツィッター社の買収と米国の中間選挙を受けて、改めて浮上した「言論の自由」「フェイク・ニュース」「ヘイト・スピーチ」について、英語で議論します。


10月末に遂にマスク氏がツィッター社の所有権を手にしました。会社の非上場化とともに従業員・経営幹部の大半を解雇するなど、ツィッターの混乱は続いています。また、ツィッター社買収直後の11月初めに米国の中間選挙が行われました。2015年頃からソーシャルメディアは世論形成や世界の選挙活動、政治に大きな影響力を持つようになりました。その中で、とりわけ問題になったのが「フェイク・ニュース」と「ヘイト・スピーチ」です。どうやら今回の米中間選挙もその例外ではなかったようです。


【米中間選挙】 アメリカの有権者、オンラインで憎悪と偽情報にさらされ


究極のリバタリアンであるマスク氏は、以前からトランプ元大統領のツィッター追放(米議事堂襲撃事件を教唆した疑惑が理由)を批判していましたが、ツィッター社買収後、トランプ氏のアカウントを復活させました。これ以外にも、彼は倫理的な理由でツィッター・アカウントを凍結することを激しく批判しており、プラットフォームは「言論の自由」が保証される空間でなければならないと主張していました。


しかし、ツィッター社買収後のマスク氏の一貫性のない言動やツィッターの運営には、多くの人が疑念を呈しています。人員削減により、問題投稿や偽アカウントが増えたというのです。


ツイッター、買収完了後2日間で5万以上の問題投稿…マスク氏の構造改革波紋


そして、遂に国連人権高等弁務官事務所(Office of the High Commissioner for Human Rights: OHCHR)のトップがマスク氏にオープン・レターを送り、事態の改善を求めました。今回のワークショップで使う資料はこのオープンレターと「新・日本の論点」内の「ヘイト・スピーチ」に関する記事を利用します。


「新・日本の論点」内の記事は書籍を購入しないと読めないのですが、今回は以下のリンクのWeb記事を主に利用しますので、書籍を未購入の方も、ぜひご参加ください。設問は参加予定者及びオンライン・サロン会員に送付します。


UN Human Rights Chief Türk issues open letter to Twitter’s Elon Musk


日時: 2022年11月20日(日)20:00~21:30 場所: オンライン 費用: 初回参加者&見学 800円~ チケット・サイトでご確認ください。


【チケット】


チケットは以下のサイトから申し込み、または銀行振り込みでお願いいたします。


ヘイトスピーチと言論の自由「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」第8回 11/20(日)20時@オンライン


また銀行振り込みの場合、以下のサイトから用紙をダウンロードしてご利用ください。


【2022年】新ワークショップ企画「新・日本の論点」


2022年から新しいワークショップを企画しています。現在、英語中級者向けの「Global Newsについて語ろう!」と英語上級者向けの「英語で学ぶ大人の社会科」の二つのワークショップを主宰しています。前者は、2017年にThe Japan Times紙が発表していた教材「朝英語の会」を利用して、対面で開催していました。2020年に同プログラムが終了したことを受けて、2021年からは出来るだけ同じレベルの英語メディア記事を利用し、グローバル・アジェンダが設問と解説を作成し、ワークショップを開催しています。後者は2020年春から、始まったプログラムです。実際にビジネスの現場やアカデミックな議論で利用されるレベルの記事をもとに、これもグローバル・アジェンダが解説・設問を作成し、ワークショップのファシリテーションを務めています。「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」は、この二つのワークショップの中間的なレベルの教材であると判断し、新しいワークショップのシリーズを立ち上げることにしました。


「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」について


「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」は早稲田大学名誉教授であるジェームス・M・バーダマン先生が「日本人なら知っておきたい、外国人からよく聞かれる日本の現状・問題点を簡潔に説明」した著書です。エッセイは全部で47本収録されており、政治経済、社会、国際関係、教育、防災、エネルギー、文化など、外国人から見た日本の問題を分かりやすく英語・日本語の対訳で解説してくれています。


以下、本からの抜粋です。

「国についての理解を深め、自分からも発信できるようになりたい人のための一冊です。
「ジェンダーギャップ」「ソーシャルハラスメント」「皇位継承」「イージス・アショア」「原発依存」「難民認定」「過労死」「危険運転」「ヘイトスピーチ」「新型コロナウイルス」等、日本の現状を理解するうえで欠かせないキーワードが満載!」

本の詳細は以下のHPからご確認ください。


新・日本の論点

Japan Today and How It Got This Way

ジェームス・M・バーダマン(著)、イヴォンヌ・チャング(訳)


今後のワークショップの予定


月2回、日曜日夜20時から90分、定員10名でオンラインでの開催を予定しています。ただ、参加者の居住地なども考慮して、毎回ではありませんが、オンラインとリアルのハイブリッド形式のワークショップも検討してみます。この場合、日時は別途設定します。


【参加費】


オンラインサロン&ゴールド会員、有料ニュースレター購読者は会員価格で参加できます。


会員-1,700円、非会員-2,200円、回数券(3枚)-6,300円


質問のある方は、下記からご連絡ください。


グローバル・アジェンダ:問い合わせ



【チケットの発行】 参加申し込みをした方にはGoogle Meetの会議の招待状と設問を送付します。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。 【銀行振り込み】 申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。 https://www.global-agenda-21c.com/contact 【場所】  オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホ+Gmail アカウントを準備願います) メインでは以下のオンライン会議システムを使います。 Google Meet (Gmailとリンクしています) https://meet.google.com/ 【注意事項】 できるだけ、マイク付きイヤホンをご用意ください。音が反響せず、聞き取りやすくなります。また、可能であればLANケーブルでつないだ方が通信が安定します。 【オンライン・サロン】

現在、「Global Newsについて語ろう」「WritingCafe」の2つのオンライン・サロンがあります。

このワークショップに関心のある方は以下のニュースレターに登録していただくと案内が届きます。 【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか? https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe 参加申込はYahooチケットサイトからになりますが、詳細はnoteで発表します。またPeatixでもイベントのお知らせをしますので、この二つのアカウントのフォローをお願いします。 【HP】   http://www.global-agenda-21c.com/ 【note】  https://note.com/globalagenda 【Peatix】 https://globalagenda.peatix.com/

「朝英語の会」@大阪&神戸の過去の活動についてごらんになりたい方は以下のブログ記事でご確認ください。 https://www.global-agenda-21c.com/blog

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page