top of page
  • 執筆者の写真Dr. K. Shibata

手頃な価格の住宅の供給とまちづくり【SDGs英語ニュースについて議論する】第26回 8/6(土)10時@オンライン

更新日:2022年7月24日

グローバルな場で必要な英語力て何?「SDGsの現状」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。


「SDGs英語ニュースについて議論する」ワークショップ第26回を8/6(土)10時@オンラインで開催します。今回はテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」には含まれていませんが、今後のまちづくり、持続可能な社会に重要な役割を果たす「手頃な価格の住宅の供給とまちづくり」について議論します。記事はVOAの「Millions in Nigeria Struggle for Affordable Housing Amid Real Estate Boom」を利用します。この記事はSDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」に対応しています。また記事はWebでも読むことができますので、書籍を持っていない方もぜひ、ご参加ください。以下新ワークショップの案内です。


ワークショップ第26回「手頃な価格の住宅の供給とまちづくり」のご案内


「SDGs英語ニュースについて議論する」は今後のビジネス・社会の動向、国際関係を知るためには必須の内容です。今回のテーマはSDGsの11番目の目標「住み続けられるまちづくりを」です。


SDGs 11. 住み続けられるまちづくりを “だれもがずっと安全に暮らせて、災害にも強いまちをつくろう”

https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/17goals/11-cities/


少子高齢社会が急ピッチで進んでいる日本ですが、新興国では人口が増え続けています。アフリカ最大の国ナイジェリアでは2022年の総人口2億1,670万人は、2050年には4億人に達すると言われています。単に人口が増加しているだけではなく、経済の拡大とともに都市への人口流入も著しく、2,200万戸の住宅が不足しているといいます。なかでも、圧倒的に供給が足らないのが「手頃な価格の住宅(Affordable Housing)」です。


住宅政策が貧弱な日本では十分に定着していない用語ですが、「手頃な価格の住宅(Affordable Housing)」は、世界では公共セクター以外にも様々な都市計画のスキムを利用して、開発時に市場価格よりも低い価格設定の住宅を供給しています。また、近年はESGの枠組み内でも、今後の取り組みが期待されている分野です。手頃な価格の住宅の供給は、新興国だけでなく、日本も含む多くの先進国でも切実な問題です。今回は私たちの生活の根幹を形づくる住宅に関する政策について、一緒に考えてみたいと思います。このワークショップの詳細は以下の通りです。


日時: 2022年8月6日(土)10時~11時30分 場所: オンライン 定員: 10名程度まで 費用: 初回または見学のみ: 800円~


教材は以下のHPでご確認ください。SDGsの各テーマに関する解説も含まれていますので、できるだけ、テキストを購入されることをお薦めします。準備なしでは設問には答えられないと思います。設問は参加予定者及びオンライン・サロン会員に送付します。


Millions in Nigeria Struggle for Affordable Housing Amid Real Estate Boom

https://www.voanews.com/a/millions-in-nigeria-struggle-for-affordable-housing-amid-real-estate-boom-/6458742.html



チケット

チケットは以下のYahooチケット・サイトから購入、もしくは銀行振込みでお願いいたします。


手頃な価格の住宅の供給とまちづくり【SDGs英語ニュースについて議論する】第26回 8/6(土)10時@オンライン

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01n1jepaz4h21.html


また銀行振り込みの場合、以下のサイトから用紙をダウンロードしてご利用ください。

https://www.global-agenda-21c.com/contact

【2022年】新ワークショップ企画「SDGs英語ニュースについて議論する」

2022年から新しいワークショップを運営しています。このワークショップの目的はSDGsの内容を英語で理解し、自分でも世界に向けて発信する能力を身に着けることです。留学を目指している方、企業でR&D、マーケティング、海外関連の部署に勤務する人にお薦めの内容です。


現在、英語中級~上級者向けの「Global Newsについて語ろう!」を主宰しています。このワークショップは2017年からThe Japan Times紙が発表していた教材「朝英語の会」を利用して、対面で(場所は大阪梅田&神戸三宮)開催していました。パンデミックのため、2020年春からはオンラインで開催しています。2020年末にThe Japan Time紙が同プログラムが終了したことを受けて、2021年からは出来るだけ同じレベルの英語メディア記事を利用し、グローバル・アジェンダが設問と解説を作成し、ワークショップを開催しています。

対面でワークショップを開催していた時は複数のグループに分かれ、各テーブルにリーダーがいました。こちらは参加者が交代でテーブル・リーダーを引き受ける形で、全体の進行をグローバル・アジェンダが担当していました。オンラインでのワークショップは参加人数を絞り、グローバル・アジェンダ代表であるDr.Shibataがファシリテーションを務めています。スタイルとしては、欧米の大学・大学院のゼミで行われる議論形式の内容です。参加者は事前に与えられた資料を読むことで、より深くテーマについて学び、英語で積極的に発言することを期待されています。


また、ワークショップ内では、資料に含まれていない関連事項に関する解説もあります。この方式を採用することにより、参加者の時事問題の理解力と英語での発信力は短期間で飛躍的に伸びました。現在利用しているCNNのテキストに基づくワークショップは2022年1月末で終了するため、3月から新しいテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」を利用し、SDGsの17のテーマについてじっくり学習する予定です。


この書籍で取り上げられる内容は欧米の教育システムでは比較的早い時期から、カリキュラムに取り入れられています。また、北米の大学の教養課程や欧米の社会科学系の学部では、これらのテーマについては、過去に議論を積み上げてきています。しかし、日本の教育機関ではSDGs全てのテーマについて深い議論をすることは稀だと思います。また、多くの研究や報道は英語で次々に発信されているため、日本人がSDGsを理解する妨げになっています。

「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」の英語は難解ではありません。しかし、関連する社会問題を理解していないと発言できないテーマばかりです。今後の予定としては週1回、1本のエッセイを29週間かけでグループで議論し、これらSDGsに関わる社会問題を英語で自分でも発信できるようにすることが目標です。ワークショップはグローバル・アジェンダが現在主宰しているフォーマットを利用します。 「SDGs英語ニュースについて議論する」はSDGsの17のテーマ全てについてVoice of America (VOA)の記事を利用し、英語で議論します。以下、VOAに関する説明です。

"Voice of America (VOA) is the largest U.S. international broadcaster, providing news and information in more than 40 languages to an estimated weekly audience of more than 311 million people." VOAの詳細は以下のサイトでご確認ください。

Voice of America (VOA) https://www.voanews.com/

「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」について

「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」はSDGsの17項目を英語で知るための入門書です。この書籍はSDGsをテーマに英語を学びたい方を対象に、SDGsの解説およびVOAの関連ニュース記事を掲載しています。 以下、本からの抜粋です。 【本の特長】

  1. 17項目それぞれの解説と、理解を深めるためのキーワード付き

  2. 「英文」「語注」「和訳」「英語音声」の4点セットが揃っており、 シャドーイング学習にも最適

  3. 学習素材にはVOA Learning Englishを使用し、英語を聞き慣れていない人のリスニング練習にも最適

【対象とする読者層】

  • 高校レベル以上の英語を学んでおり、もう少し広いテー マを用いて英語を学びたい方

  • SDGs について、英語で情報(特にニュース記事)を集めたい方

  • SDGs に興味があり、できればそれをテーマに英語を学んでみたい方

  • SDGsの全貌がよくわからないので英語原文を当たってみたいけど挫折した方

本の詳細は以下のHPからご確認ください。 VOAで聞き読み SDGs英語ニュース入門 コスモピアeステーション編集部・編https://www.cosmopier.com/shoseki/4864541663/

内容

SDGsについて Part1 人間 People 目標1 貧困をなくそう

  • コロナ禍で明らかになったアメリカと欧州における社会保障制度の格差

目標2 飢餓をゼロに

  • 世界一健康的な新ダイエット

  • 5人に1人が不健康な食事が原因で死亡

目標3 すべての人に健康と福祉を

  • ビデオゲームは精神的健康に役立つか

  • がんは高所得国の死因の第1位

目標4 質の高い教育をみんなに

  • 授業をオンラインに移行:難題もあるが、試してみるよい機会

  • ユネスコが発表:新型コロナウイルスの影響で児童生徒2億9,000万人が登校できず

目標5 ジェンダー平等を実現しよう

  • 日本の女性たちがハイヒール拒否キャンペーン

  • 「ミス・アメリカ」が水着審査を廃止

目標6 安全な水とトイレを世界中に

  • ブラジル発:水不足は世界的な問題

  • 世界人口の4分の1が水不足の危機に直面

Part2 繁栄 Prosperity 目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

  • 発電部門によるCO2排出量、2019年は2%減少

  • 研究者らが、二酸化炭素を価値ある燃料に変える装置を開発

目標8 働きがいも 経済成長も

  • 女性が経済を主導するとどうなるか

目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう

  • 専門家が提言、大学は研究にもっと投資すべき

目標10 人や国の不平等をなくそう

  • 8人が世界の富の半分を支配する

  • アメリカの教育者たちが再検討:「黒人の歴史」を学校でどう教えるか

目標11 住み続けられるまちづくりを

  • 世界保健機関(WHO)の調査報告:都市住民の80%が有害な空気を吸っている

  • 大気汚染は高齢者にとって病院受診につながる


Part3 地球 Planet 目標12 つくる責任 つかう責任

  • 食品ロスとの闘いにAIを活用する日本企業

  • ファッションデザイナーたち、環境保護のために素材を再利用

目標13 気候変動に具体的な対策を

  • 地球温暖化で早まる花粉シーズン

  • アメリカは「気候変動難民」の保護を検討

目標14 海の豊かさを守ろう

  • 海の健全さが人間の健康にも影響する

目標15 陸の豊かさも守ろう

  • 研究結果:2050年までに外来種が激増することが判明

Part4 平和・パートナーシップ Peace・Partnership 目標16 平和と公正をすべての人に

  • 世界の4人に3人の子どもが暴力を経験

  • 日本の拘置所、有罪判決を待たずに多くを収容

目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

  • 世界23カ国の首脳、「パンデミック条約」制定を支持

今後のワークショップの予定

週1回、土曜日午前10時から90分、定員10名でオンラインでの開催を予定しています。コロナの感染が落ち着いたら、大阪梅田での対面のワークショップも検討してみます。この場合、日時は別途設定します。また参加希望者が多いようでしたら、追加のワークショップを開催します。


オンラインサロン&ゴールド会員、有料ニュースレター購読者は会員価格で参加できます。 参加費 会員-1,300円、非会員-1,900円、回数券(3枚)-5,250円、初回参加者-800円

詳細

質問のある方は、下記からご連絡ください。 グローバル・アジェンダ:問い合わせ https://www.global-agenda-21c.com/contact


【チケットの発行】

参加申し込みをした方にはGoogle Meetの会議の招待状と設問を送付します。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。 【銀行振り込み】


申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。 https://www.global-agenda-21c.com/contact 【場所】  オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホ+Gmail アカウントを準備願います) メインでは以下のオンライン会議システムを使います。 Google Meet (Gmailとリンクしています) https://meet.google.com/ 【注意事項】 できるだけ、マイク付きイヤホンをご用意ください。音が反響せず、聞き取りやすくなります。また、可能であればLANケーブルでつないだ方が通信が安定します。

【オンライン・サロン】

現在、「Global Newsについて語ろう」「WritingCafe」の2つのオンライン・サロンがあります。サロン会員募集中です。詳細は以下からご確認ください。

https://globalagenda.wixsite.com/morningenglish

このワークショップに関心のある方は以下のニュースレターに登録していただくと案内が届きます。 【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか? https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe 参加申込はYahooチケットサイトからになりますが、詳細はnoteで発表します。またPeatixでもイベントのお知らせをしますので、この二つのアカウントのフォローをお願いします。 【HP】   http://www.global-agenda-21c.com/ 【note】  https://note.com/globalagenda 【Peatix】 https://globalagenda.peatix.com/

「朝英語の会」@大阪&神戸の過去の活動についてごらんになりたい方は以下のブログ記事でご確認ください。 https://www.global-agenda-21c.com/blog


閲覧数:9回0件のコメント
bottom of page