top of page
  • 執筆者の写真Dr. K. Shibata

日本の研究者が電子皮膚を開発【Global Newsについて語ろう!】第51回 1/22(土)10時@オンライン

更新日:2022年1月16日

グローバルな場で必要な英語力て何?「世界の課題」「日本の今」を英語で理解し、議論する知性派のための英語ワークショップ!


Global Newsについて語ろう!】第51回 1/22(土)10時@オンラインは「日本の研究者が電子皮膚を開発」というテーマについて英語で議論します。チケットの購入は以下のサイトからお願いします。


【チケット】


日本の研究者が電子皮膚を開発【Global Newsについて語ろう!】第51回 1/22(土)10時@オンライン


【ワークショップ】


ワークショップは2021年4月23日に発表された以下のCNNの動画と書籍の英語記事を利用します。書籍がなくても該当部分の動画と字幕(以下の動画では1分58秒から)を参照すれば参加は可能です。


日本の研究者が電子皮膚を開発・・Japanese Researchers Develop E-Skin Technology| April 23, 2021


"Researchers develop wearable technology that can be fastened to the skin."

電子皮膚という製品があるのをこの記事から初めて知りました。最初この言葉を聞いた時は、火傷や怪我で皮膚が損傷した時に、人間の皮膚の代わりに使う人工皮膚なのか、とぼんやり考えていたのですが、なんと、人工皮膚とは「究極の軽量ウェアラブル端末」のことだったのです。この開発の先駆けとなったのが、東京大学大学院 工学系研究科の染谷隆夫教授らの研究です。


人体とエレクトロニクスの架け橋、“電子皮膚”が可能性を拓く(前編)


人体とエレクトロニクスの架け橋、“電子皮膚”が可能性を拓く(後編)


最近発表された報告書によると、この電子皮膚の市場と用途は、近年飛躍的に拡大しています。


「電子皮膚の世界市場は、2020年に51億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は18.5%のCAGR(年平均成長率)で成長すると予想されています。」

電子皮膚市場、2021年から2026年にかけて18.5%のCAGRで成長見込み https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002122.000071640.html


電子皮膚は医療や健康予防のためというのが主な用途のようですが、これとは別に体内にマイクロチップを埋め込み、IDの代わりに使うという技術も近年様々な国で利用されるようになっています。下記のケースは「社員証」として、マイクロチップを埋め込む技術を開発した会社が社員にその利用を求めたところ、応じた人は半数だったというニュースです。


社員の体にマイクロチップ埋め込み 米ソフトウェア会社


自分の体にマイクロチップを埋め込む、電子皮膚を身に着けるというのは、まだ私にはピンときません。やはり、ちょっと怖いという気がしています。あなたはこの新技術の存在をどう感じましたか?このワークショップに関する設問は、後に発表する有料記事の購入者、オンラインサロン会員、ワークショップ参加者に送付します。


【テキスト】


2021年11月から以下のCNNのテキストを利用しています。動画の全編は難しいように見えますが、テキストでは動画のテーマのなかで易しい部分を取り上げ、語彙、文法、テーマの背景など、詳細な解説を加えています。また、設問も1問だけ用意されていて、二通りのモデル回答もテキストに掲載されています。英語でのコミュニュケーションをしっかり学びたい方に向けた、たいへんよくできた書籍だと思います。この【Global Newsについて語ろう!】のオンライン版のワークショップの初回参加者は参加費500円です。


初級者からのニュース・リスニング CNN Student News 2021[秋] |

2021年11月からの【Global Newsについて語ろう!】はこちらのテキストを使います。


初級者からのニュース・リスニング CNN Student News 2021[秋] |


この書籍はCNNが作成した10分間の動画「CNN10」をベースに作成されています。「初級者からの」ニュース・リスニングとありますが、CNNが米国の高校生の時事問題の学習のために作成している動画なので、一般の日本人にとっては英語のスピードや語彙はやや難易度が高い内容になっています。下記がその動画のサンプルです。書籍からは「ゆっくり発音」する動画のリンクがダウンロードできます。


Global Inflation Fears | May 20, 2021


ただし、CNNのテキストでは、ニュースの比較的易しい部分を文字おこしして、英語・日本語併せて6ページにまとめています。そのなかには、語彙、ニュースの背景、聞き取りのヒント、設問などが掲載されています。テキストの最後には「リスニングのための英文法」「設問に対する模範解答」なども記載されています。

【本書の特長】


・2種類の音声

 CNNの放送そのままの「natural」音声、プロのナレーターが読み直した「slow」音声、の2種類を収録しています。

・オンラインサービス付き

 アプリを使って音声をスマホで楽々再生。ニュース動画を字幕あり/なしで視聴できます。

・4技能に対応

 「リスニング」と「リーディング」でインプットした情報を、「ライティング」と「スピーキング」でアウトプットする練習が用意されています。


【内容】


・非代替性トークンがデジタルアートを変える・・Non-Fungible Tokens Change the Digital Art World

・かつての日常に戻る「再開への不安」・・Eventual Return to Normalcy

・インフレの懸念が世界市場に影響・・Inflation Fears Drive Down International Markets

・野口聡一さんらが宇宙から帰還・・Four Space Travelers Splash Down in the Gulf of Mexico

・太平洋に放射性汚染水を放出・・Radioactive Water in the Pacific

・コロナ後のブロードウェイ再開・・Broadway to Reopen After COVID-19

・拡張現実(AR)の世界が進化・・A World of Augmented Reality

・犬がウイルスを探知!?・・Dogs Show They Can Detect a Virus

・ゴミが建設資材に生まれ変わる・・Recycled Construction Materials made from Trash

・アマンダ・ゴーマンを育んだNPO・・The NPO Behind Amanda Gorman

・日本の研究者が電子皮膚を開発・・Japanese Researchers Develop E-Skin Technology

・「ハイパーループ」 が初の有人試験運転・・A Short Ride on the Hyperloop


上記の書籍は1)の記事以外に利用するメインのテキストです。このワークショップに参加を希望される方は各自購入をお願いします。



詳細


【参加費】 


500~1,500円、3枚つづりの回数券もあります。回数券購入の場合は最初のチケットを使用した後2回目以降は、参加希望日を電子メールでお知らせください。初回参加者は特別価格!過去に「朝英語の会京阪神@オンライン」に出席したことのない初回参加者の参加費は500円。過去の参加者の参加費は一般が1,500円、「朝英語の会」サロン会員及びnoteサークルのゴールド会員は1,000円です。参加希望者が多い場合は追加のワークショップの開催を検討します。


【チケットの発行】


参加申し込みをした方にはGoogle Meetの会議の招待状と設問を送付します。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。


【銀行振り込み】


申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。




【場所】 


オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホ+Gmail アカウントを準備願います)


メインでは以下のオンライン会議システムを使います。


Google Meet (Gmailとリンクしています)


【テーマ】


グローバルな場で必要な英語力て何?コーヒーを片手に「世界の課題」「日本の今」を英語で理解し、議論するビジネス・パーソン、大学生のための刺激的な英語ワークショップ!


【開催頻度】


月に3~4回。平日午後6時30分~8時30分、土曜日午前10時~12時の二つのタイプがあります。但しオンラインでは時間設定が違いますので、ご注意ください。


【構成】


2つに分かれています。①だけという方もどうぞ。


① ワークショップ(60分)


飲み物を片手に様々な仲間と集い、The Japan Times他の英字新聞の記事を読みながら、タイムリーなトピックの英語表現と欧米式の議論の方法を学んでいく、新しいタイプの英語学習プログラム。


② 学習の後(リアルでは60分、オンラインでは30分)


交流会です。リラックスした雰囲気の中で、参加者同士の異業種交流と情報交換を予定。


【内容】


ファシリテーターと呼ばれる英語上級者の朝活メンバーが中心となり進行します。紙面を活用して「ウォームアップ」「語彙を知る」「記事を読む」「記事の内容について会話する」の4つのアクションを行います。


【なぜ私たちはグローバルで存在感を発揮できないの?】


英語でコミュニケーションが弾まないと感じるのは、実は英語で話せる共通の関心事項が無いことが大半です。特に現代のイノベーションでは、世界共通の社会課題の解決を様々な企業・団体・大学・政府関係者が国境の壁を越えて協力して行うオープン・イノベーションによる手法が主流となっています。


日本の政府関係者・企業人・研究者が、このグローバル・コミュニティで存在感を発揮できないのは、世界の社会課題に関する知識が欠けている、または知っていても英語でどう表現するか分からないのが原因であると我々は考えています。


『Global Newsについて語ろう』@京阪神(京都・大阪・神戸)では、そのような多くの日本人が持つ弱点を補強し、日本の技術・知恵を世界に発信、ともに成長できるようなコミュニティ作りを目標としています。進行役は海外でのビジネス展開を支援するGlobal AgendaのDr. Kuniko Shibata が担当します。


【参加対象者】 社会人、大学生・大学院生、留学予定者など


【英語レベル】 


最低限英語で日常会話ができる方。目安としてはTOEIC400点以上の英語力を持っている方。但し、予習は必須です。


【教材】 上記の記事または書籍


【注意事項】


できるだけ、マイク付きイヤホンをご用意ください。音が反響せず、聞き取りやすくなります。また、可能であればLANケーブルでつないだ方が通信が安定します


【オンライン・サロン】




【朝英語の会】から【Global Newsについて語ろう】へ


グローバルな場で必要な英語力て何?「世界の課題」「日本の今」を英語で理解し、議論する知性派のための英語ワークショップ「朝英語の会~The Japan Times紙記事について議論する」の新バージョン「Global Newsについて語ろう!」です。新型肺炎感染予防対策として2020年4月からオンラインで開催していますが、現在対面での授業も感染状況を見ながら徐々に再開していく予定です。


ニュース英語の議論のための素材として利用してきたThe Japan Times紙の「朝英語の会」Morning Englishのコラムが2020年末に終了しました。2017年より大阪・神戸で続けてきた「朝英語の会」のディスカッション・ワークショップは、2021年1月末より装いも新たに再スタートします。


今後の題材としては、1)英字紙及び雑誌のオピニオン記事、2)のThe Japan Times社および朝日出版社のCNNの英語ニュースに関する書籍、を利用予定です。1)&2)とも「朝英語の会」よりはやや難易度が高く、ページ数も2-3ページが中心ですが、並行して運営している英語上級者向けの「英語で学ぶ大人の社会科」よりは易しい内容になっています。


1)では激動する世界のニュースに関して気鋭の記者・研究者が執筆したオピニオン記事について議論します。また、2)では2020~2021年話題になったニュースのテーマについて徹底的に学習し、議論をします-


パンデミックがまだしばらく続くことが予想されることから、現在ワークショップはGoogle Meetを利用したオンラインのみの開催になっています。ただし、ワクチンの普及が進んでいることから、現在対面でのワークショップの開催も検討しています。大阪、神戸、京都で対面でのワークショップのお知らせはSNSやニュースレターなどでお知らせします。運営、ファシリテーション、設問の作成はGlobal AgendaのDr. Kuniko Shibataが担当します。


このワークショップに関心のある方は以下のニュースレターに登録していただくと案内が届きます。


【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか?


参加申込はYahooチケットサイトからになりますが、詳細はnoteで発表します。またPeatixでもイベントのお知らせをしますので、この二つのアカウントのフォローをお願いします。


【HP】  http://www.global-agenda-21c.com/

【note】  https://note.com/globalagenda

【Peatix】 https://globalagenda.peatix.com/


「朝英語の会」@大阪&神戸の過去の活動についてごらんになりたい方は以下のブログ記事でご確認ください。


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page