top of page
  • 執筆者の写真Dr. K. Shibata

日本版スチュワードシップ・コードとESG&企業統治【英語で学ぶ大人の社会科】第59回 9/18(月・祝)20時@オンライン

「責任ある機関投資家」と企業統治&ESGの関係性についてスチュワードシップ・コードの日本への導入を軸に英語で議論。

「責任ある機関投資家」と企業統治&ESGの関係性についてスチュワードシップ・コードの日本への導入を軸に英語で議論。


2023年9月後半の「英語で学ぶ大人の社会科:世界の知性が語る現代社会」のワークショップのお知らせです。2023年9月18日(月・祝)夜20時@オンラインで開催するワークショップは、Investopediaの記事「How Japan's Stewardship Code Works」を使い、英語で議論します。


【ワークショップ】

「スチュワードシップ・コード」は金融関係者以外には馴染みが薄い用語ですが、近年注目を集めている「企業統治」「ビジネスと人権」「ESG」と大変関係が深い概念です。以下、野村證券が「スチュワードシップコード」がリーマンショック後に英国で導入され、その指針が各国で取り入れられることになった経緯を簡潔に説明しています。

スチュワード(steward)とは執事、財産管理人の意味を持つ英語。スチュワードシップコードは、金融機関による投資先企業の経営監視などコーポレート・ガバナンス(企業統治)への取り組みが不十分であったことが、リーマン・ショックによる金融危機を深刻化させたとの反省に立ち、英国で2010年に金融機関を中心とした機関投資家のあるべき姿を規定したガイダンス(解釈指針)のこと。

野村証券

スチュワードシップコード|証券用語解説集


日本でも2010年英国で策定された「スチュワードシップ・コード」(The UK Stewardship Code)を参考に金融庁が2014年2月に「日本版スチュワードシップ・コード」を策定し、その後独自の発展を遂げています。


日本版スチュワードシップ・コード


スチュワードシップコードが各国で導入されたきっかけは2008年の金融危機であることはほぼ同じですが、策定された内容やその後の発展には各国の株式所有構造により違いがあります。特に近年まで「株式の持ち合い」が一般的であった日本では、独自の取り組みが求められています。 スチュワードシップコードの目的とその多様性


また各国で、企業統治のあり方も「ESG」「ビジネスと人権」に関して機関投資家も積極的にかかわるべきだとの合意が形成され、その過程でスチュワードシップコードも改定を重ねています。いわゆる「長中期の利益重視・ビジネス・リスクの回避」から「企業の社会的責任の遂行」「人権リスクの回避」へと焦点がシフトしていっているのです。


ESG and the UK Stewardship Code 2020 The revised UK Stewardship Code places environmental, social and governance (ESG) factors and climate change at the heart of effective stewardship"


今や、このコードは金融機関などの機関投資家だけでなく、経営に携わる人なら、誰もが知るべきルールになっています。近年、日本で企業の様々な不正やスキャンダルが明らかになるなか、このコードについて一緒に学んでみませんか。教材は以下の記事を使い、英語で議論します。このワークショップの詳細は以下のとおりです。 日時: 2023年9月18日(月・祝)20時~21時30分 場所: オンライン 定員: 10名程度まで 費用: 見学のみ: 500円、初回参加者:800円~


【教材】


How Japan's Stewardship Code Works


チケットの申し込みは以下のYahooチケットサイトから、または銀行振り込みでお願いします。


【チケット】


日本版スチュワードシップ・コードとESG&企業統治【英語で学ぶ大人の社会科】第59回 9/18(月・祝)20時@オンライン




【銀行振込での申し込み】


振込用紙は以下のサイトからダウンロードお願いいたします。


このワークショップの設問は参加申し込み者、サロン会員、有料ニュースレター購読者及び後日発表するnote記事購入者にのみ送付します。過去のワークショップと同様の設問を設定しますので、以下のマガジンの2020年4&5月の記事(設問を公開しています)を参考にしてください。


【英語で学ぶ大人の社会科】世界の知性が語る現代社会


このワークショップに関心のある方は以下のニュースレター@Substackに登録していただくと案内が届きます。


【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Substackで購読しませんか?


【詳細】


参加費は800~2,350円です。サロン・ゴールド会員の割引他、回数券もご用意しています。6カ月の新規サロン会員権の購入(更新も含む)の方の初回参加費は無料です。

申し込み後(開催日前日までに)、メールにてビデオ・リンクもしくは招待状を送ります。解説と設問はできるだけ早く送付します。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。


申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。



【場所】 オンライン


オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホを準備願います)。Gmailをご用意ください。

ワークショップは気軽に使えるGoogle Meetを使って英語での議論に取り組みたいと思います。グローバルな政治や経済に関するテーマですが、大変興味深い内容ですので、ドリンク片手に気軽にご参加ください。参加費は初回は特別価格です!また、見学チケットも用意しています。


メインでは以下のオンライン会議システムを使います。


Google Meet(Gmailとリンクしています)


【ビデオ会議システム】Google Meet


ビデオ会議の利用にはGMailアカウント及びマイク付きイヤホン(携帯電話購入時に付属品として付いています)、PC又はタブレット・スマートフォンなどが必要になります。使い方はGoogle Hangoutと同じですが、PC以外だとアプリのダウンロードが必要な場合がありますので、事前に動作の確認をお願いします。またGoogleカレンダーもダウンロードしておくと便利です。


申込を受けるとGoogleカレンダーに招待状を送りますので、そちらにアクセスして、予定上のGoogle Meet に参加するをクリックし、マイク・カメラを設定しておいてください。使い方は以下のサイトを参照してください。


ビデオ会議ツール「Google Meet」の利用方法


オンラインサロン、note&有料ニュースレター会員について

現在、オンライン・サロン「Global Newsについて語ろう」とnoteメンバーシップ「英語で学ぶ大人の社会科」及び有料ニュースレターの会員を募集しています。サロン会員とゴールド会員は全てのワークショップに割引価格で参加できます


【オンラインサロン】


オンラインサロンGlobal Newsについて語ろう」を始めました。詳細に関しては以下のリンクを参照してください。


【英語で学ぶ大人の社会科】


noteのメンバーシップを始めました。もっと社会問題について学びたい、英語のスキルを進化させたいという方のための一石二鳥、欲張りな会の立ち上げを目指しています。ワークショップだけでなく「大人のための社会見学」も計画中!メンバー募集中です。


【英語で学ぶ大人の社会科】メンバーシップ


有料ニュースレター【英語で学ぶ現代社会】(発展編)


ニュースレター【英語で学ぶ現代社会】(発展編)はGlobal Agendaが運営するイベント・英語ワークショップの案内及び解説と設問を加えた記事を配信しています。主要な英語メディアで発表される現代社会のターニングポイントになるような重要なニュース記事・論説文を理解するための手助けとしてご利用ください。



英語で学ぶ現代社会【発展編】有料ニュースレターの購読会員(メンバー)はワークショップの解説&設問記事を毎回受取れる他、月1回、ワークショップやイベントに割引価格でご参加いただけます。無料版は購読料Freeを選択してください。有料版の会費は月9ドル(1年:100ドル)です。過去記事はnoteから、ご確認ください。


[note]Global Agenda

閲覧数:8回0件のコメント

コメント


bottom of page