top of page
  • 執筆者の写真Dr. K. Shibata

英語の懸賞論文に応募して英語力アップを目指す【高校生限定】



英語エッセイのコンテストに関しては今年はコンテスト自体が減っているようです。昨年は大学が企画したものなど、複数見かけました。以下、高校生向けですが、今年度に応募できる英語の懸賞論文です。


1. 2020年度IIBC 英語エッセイコンテスト 


テーマ: 私を変えた身近な異文化体験


「家族や友人、先生など、身近な相手とのコミュニケーションにおいてどのような「異文化」に出会い、何を感じ、考え、学び、どのように「異文化」を持つ相手とのコミュニケーションギャップを乗り越えたかについて英語で記載してください。また体験した異文化の紹介にとどまることなく、それらの体験から自身がどう変わったのか、そして今後どう成長していきたいかを表現してください」


日本の国公私立高等学校、高等専門学校(1~3年)および中等教育学校(4~6年)に在学し、英語が 母語でない生徒が対象


501語以上700語未満


応募:2020年6月1日(月)~9月4日(金)17時



応募規定の中で特に強調されているのが、以下の部分です。


ここでいう「異文化」は、外国や外国人のことだけを意味するわけではありません。相手が日本人であっても、同じ年であっても、自分と異なる価値観を持つ相手は「異文化」と考えることができます。このような「身近な異文化」と出会い、そこで何を感じ、考え、学び、どのように「異文化」を持つ相手とのコミュニケーションギャップを乗り越えたかについて英語で記載してください。また、体験した異文化の紹介にとどまることなく、それらの体験から自身がどう変わったのか、そして今後どう成長していきたいかを表現してください。

2020年度IIBCエッセイコンテスト 応募規定



2. 第59回全国高等学校生徒英作文コンテスト


締切 2020年9月10日(木曜日)必着

英語懸賞論文 詳細は下記

令和 2 年度 第 59 回英作文コンテストのタイトルについて


【1 年の部】251~500語 The Book that Opened My Mind  【2・3 年の部】351~600語 What I Am Passionate about


お問い合わせ先

全英連高校事業部


閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page