「3.11-東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」の海外での反響



豪州で開催されていた国際交流基金の巡回展「3.11-東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」は、地元のTVニュースでも紹介されるなど、大きな反響があったようです。

また、同時に開催された、Art for bright futureによる関連イベント「Design for Grieving, Memorial, and KIZUNA」では、「失われた街 模型復元プロジェクト」が槻橋修氏(建築家・神戸大学大学院准教授)、坂口潤氏(建築家)による「Emergency Shelter Exhibition」及び嘉住直美氏(シアトル大学教授)による「Installation Art for Tohoku by Naomi Kasumi」が展示され、こちらも大きな注目を集めました。以下、紹介記事へのリンクです。

紹介記事1

紹介記事2

紹介記事3

以上

#リスク

Global Agenda

グローバル・アジェンダ

 

〒650-0011 

神戸市中央区下山手通2-13-3 建創ビル9F 

 

Kenso Building 9F, 2-13-3 Shimoyamate-dori, Chuo-ku, Kobe, Hyogo 650-0011, Japan

 

Tel:  (050) 5899-5753

                   

e-mail: its.globaleducation@gmail.com

 

Home page:  http://www.global-agenda-21c.com/

Join us on: 

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2014-2018 by Global Agenda  

Proudly created with Wix.com 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now