4月18日(土) | オンライン・ワークショップ

【オンライン開催:無料】『朝英語の会』京阪神@The Japan Times 紙記事について議論する~第2回

お申し込みの受付は終了しました。
【オンライン開催:無料】『朝英語の会』京阪神@The Japan Times 紙記事について議論する~第2回

日時・場所

2020年4月18日 10:30
オンライン・ワークショップ

イベントについて

  グローバルな場で必要な英語力て何?「世界の課題」「日本の今」を英語で理解し、議論する知性派のための英語ワークショップ! 

『朝英語の会』@京阪神~The Japan Times 紙記事について議論する 

2017年3月より大阪梅田で運営している「朝英語の会」を2019年7月下旬から神戸でも開催することになりました。

「朝英語の会神戸@120 WORKPLACE KOBE~The Japan Times紙記事について議論する」は月3~4回ペース、平日夕方、土曜日午前中のより参加しやすい時間帯に開催されます。直近の予定は以下のとおり:

【日時】 

 

2020年 4月11日(土)10:30~12:00(無料)

https://monrning-english-04112020.peatix.com/

2020年 4月 18日(土)10:30~12:00(無料)

https://morning-english-kobe-04182020.peatix.com/

2020年 4月 25日(土)10:30~12:00

調整中

 

【場所】 オンライン

【参加費】   無料

 

【チケット】       Peatix チケット販売サイトから 

【テーマ】

グローバルな場で必要な英語力て何?コーヒーを片手に「世界の課題」「日本の今」を英語で理解し、議論するビジネス・パーソン、大学生のための刺激的な英語ワークショップ!

【朝英語の会とは】

約1時間のコミュニティ型の英語学習プログラムです。The Japan Times が毎週火曜日 朝英語の会のコラムに掲載している「日本の今」を代表するようなニュースを基に作成された記事を使い、最新ニュースに関する英語表現を「知る」「読む」「話す」そして「議論する」ものです。

【The Japan Timesの記事について議論する『朝英語の会神戸』とは】

2019年7月から始まる、関西で2番目の「朝英語の会」。神戸新聞が運営するコワーキングスペース120 WORKPLACE KOBEで週末朝及び平日の夕刻に開催します。

2017年3月末から、関西大学と株式会社関西TSUTAYAが共同で運営する起業支援施設「スタートアップカフェ大阪」で平日早朝に運営している「朝英語の会梅田」の姉妹版です。より参加しやすい時間帯になりました。

【開催頻度】

月に3~4回。平日午後6時30分~8時30分、土曜日午前10時~12時の二つのタイプがあります。

 【構成】

2つに分かれています。①だけという方もどうぞ。

① ワークショップ(60分)

飲み物を片手に様々な仲間と集い、The Japan Timesの記事を読みながら、タイムリーなトピックの英語表現と欧米式の議論の方法を学んでいく、新しいタイプの英語学習プログラム。

② 学習の後(30分)

交流会です。リラックスした雰囲気の中で、参加者同士の異業種交流と情報交換を予定。

【内容】

ファシリテーターと呼ばれる英語上級者の朝活メンバーが中心となり進行します。紙面を活用して「ウォームアップ」「語彙を知る」「記事を読む」「記事の内容について会話する」の4つのアクションを行います。

【なぜ私たちはグローバルで存在感を発揮できないの?】

英語でコミュニケーションが弾まないと感じるのは、実は英語で話せる共通の関心事項が無いことが大半です。特に現代のイノベーションでは、世界共通の社会課題の解決を様々な企業・団体・大学・政府関係者が国境の壁を越えて協力して行うオープン・イノベーションによる手法が主流となっています。

 日本の政府関係者・企業人・研究者が、このグローバル・コミュニティで存在感を発揮できないのは、世界の社会課題に関する知識が欠けている、または知っていても英語でどう表現するか分からないのが原因であると我々は考えています。

 『朝英語の会』@京阪神(京都・大阪・神戸)では、そのような多くの日本人が持つ弱点を補強し、日本の技術・知恵を世界に発信、ともに成長できるようなコミュニティ作りを目標としています。進行役は海外でのビジネス展開を支援するGlobal AgendaのDr. Kuniko Shibata が担当します。

【参加対象者】 社会人、大学生・大学院生、留学予定者など

【英語レベル】 最低限英語で日常会話ができる方。目安としてはTOEIC400点以上の英語力を持っている方。但し、予習は必須です。

【教材】 2020年4月6日(月)配信、紙版では4月7日(火)発売のThe Japan Times紙をこちらで用意します。申し込みが遅い場合はワークショップに使う記事が掲載されていない別の日付の新聞をお渡しすることになります。なお、事前に電子版の「朝英語の会」コラム記事を読んで準備を始めてください。The Japan Times紙のHPから

Home-Menu-Liife-Language-Morning English

の順で進み、利用する日の記事を

選択してください。

【HP】https://www.japantimes.co.jp/life/column/morning-english/

【当日の内容をもっと知りたい方】

The Japan Times「朝英語の会」に関する説明ページを参照ください。http://club.japantimes.co.jp/study/asaeigo/

【注意事項】マイク付きイヤホンがある方が音声が良く聞こえます。申し込み参加者にはビデオ・リンクを送ります。

【連絡先】 

代表:Kuniko Shibata, PhD(柴田邦子)Global Agenda (グローバル・アジェンダ)Kobe Research Centre for Global Society〒650-0011 神戸市中央区下山手通2-13-3 建創ビル9FTel: (050) 5899-5753 Fax: (050) 3730-1233Mobile Phone: (080) 4563-2007e-mail: its.globaleducation@gmail.com

【HP】http://www.global-agenda-21c.com/

【ワークショップの詳細】

朝英語の会@京阪神のブログページ。

次回の「朝英語の会」のテーマに関連する日本語及び英語記事を紹介しています。これまでに行ったワークショップの詳細や参加者の様子もアップしています。過去の記事は閲覧できますが、2019年6月より、朝英語の会@京阪神ブログ記事は朝英語の会@京阪神オンラインサロン会員のみ全文が閲覧できます。非会員は一部のみ閲覧できます。解説記事の全文はオンラインサロン限定の会員サイトで公開します。このブログ記事を参加前に読んでおくと、テーマの背景や関連の英語の語彙を知り、知識を深めることができます。積極的に議論に参加するためには、オンラインサロン会員登録をお薦めします。

【Blog】https://globalagenda.hatenablog.com/

【オンラインサロン朝英語の会@京阪神】

「朝英語の会@京阪神~The Japan Times紙記事について議論する」を始めました。京都・大阪・神戸で開催される「朝英語の会@京阪神」共通のサロンです。詳細に関しては以下のリンクを参照してください。

【HP】https://globalagenda.wixsite.com/morningenglish

【オンラインサロン@Global Agenda】

現在、3つのオンラインサロンを開講する予定をしています。詳細に関してはリンクを参照してください。

① 朝英語の会@京阪神 The Japan Times紙記事について議論する

② デザインと倫理

③ ジェンダー研究

https://www.global-agenda-21c.com/onlinesalon

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア