Our Services

海外市場に向けたコンテンツ・マネジメント

​ 逆説的ですが、IT時代に突入して以来、以前にもまして言語による発信力が重要性を増しています。一昔前なら、日本国内の限られた人口だけが市場であったような中小企業でさえ、魅力的なコンテンツをウェブで海外向けに発信することが出来るようになりました。そうすることにより、これまで大企業しかアクセスできなかったような海外市場に簡単に自社製品やサービスを販売することが出来るようになったのです。そのような大きなチャンスを前にして、いまだに多くの日本の中小企業が海外市場をターゲットとしていません。理由は外国語のできるスタッフがいないから、あるいは日本語からの翻訳に手間と費用が掛かるからということです。また仮に外国語で製品やサービスを説明するウェブやその他の販促資料を作成していても、内容が貧弱なものも多いのが実情です。これは日本の翻訳文化のせいもありますが、海外向けのコンテンツを作るときに学生などを使った安価な翻訳で済ませてしまい、洗練された購買意欲をそそるようなマーケティング・ツールにまで昇華させていないからです。

​ これでは到底購買力のある優良顧客を獲得することは出来ません。何故なら比較的高価格の日本製品やサービスを購入できる消費者は、アジア圏で富裕層が増えたとはいえ、当面は高い教育を受けた欧米の中・上流の所得層だからです。とくに観光業において、これらの潜在的顧客は文化の消費に熱心です。彼らは観光により、自分がこれまで目にしたことがなかった文化的価値・高い創造性・それを生み出した権力者・芸術家や名もなき職人・市井の人々の歴史に触れ、その経験をつうじて自分の知性や感性を高めたいと願っているからです。日本はこれらの人々の知的好奇心を十分に満たすことのできる強いソフトパワーを備えた国です。このような観光客が来日した場合の滞在期間は長く、今後も日本市場の製品・サービスに強い関心を持つ優良な顧客となるでしょう。

 これら欧米の顧客の心を掴むためには、ただ外国語で説明がなされていれば十分とは言えません。日本人が日本語の文章を読んで書き手の知性を判断するのと同じレベルの、洗練された外国語の文章による商品やサービスの説明が必須になります。欧米の中・上流層の顧客は英語が堪能な場合が大半ですので、観光の場合は地元の観光資源(歴史、小説や映画の舞台、文化、伝承、芸術等)の徹底した掘り起こしとそれらの英語による発信が重要です。グローバル・アジェンダではスタッフのこれまでの海外での著作の発表の経験をつうじて培った高い発信力を使い、企業・団体や自治体の英語でのコンテンツ・マネジメントを請け負います。また観光及び地域振興政策に明るいブレーンも多いことから、単なる翻訳ではなく、発信する内容や提供するサービスに関してのコンサルティングならびにマーケティングに関してもご相談にのります。

 現在Global Agendaは関西の魅力的な観光資源に関する英語ガイドブック及び観光地のウォーキング・ツアーマップ、紹介動画の作成を計画しています。ご要望があれば、地域内での英文での店舗のPRやウォーキング・ツアーの途中に立ち寄れる店舗としてご紹介させていただきます。

海外市場の調査事業及び販売ルートの開拓

 従来、日本の企業が海外進出するときの調査の手法は、①自社の調査部で進める、②JETRO等の助成金や専門家を利用して、数百万円程度の小規模の市場調査をする、③既に出版されているレポートを購入して市場調査を進める、この3つの手法が中心です。特に新興国ではデータが十分に整備されておらず、市場調査は大変な時間がかかります。また、海外進出にあたっては、商習慣や嗜好の差だけでなく、政治や法律、その国の歴史文化や教育水準、環境問題、社会構造など調査しなければならない事項が限りなくあります。

 多くの中小企業にとって、海外の市場調査には多大なコストがかかり、また販売ルートの開拓も容易ではありません。そのために、日本での売上が伸び悩んでいるにもかかわらず、海外進出を断念している企業も数多くあります。Global Agendaでは欧米のトップスクールで鍛えた高い調査能力を備え、海外でのビジネス経験も豊富なスタッフが、今後発展が見込まれる分野の海外市場の調査レポートをテーラーメードに近い形でお客様に提供していきます。同様の調査のニーズを抱えている複数の企業から出資を募り、丹念な聞き取り調査をしたうえで、最もリクエストの高い情報の収集に努めます。

 具体的に現在取り組みを始めているのは、途上国の公衆衛生、医療、健康及び環境管理に関する調査レポートの作成です。成長著しいアジア新興国におけるこの分野の政策ならびに市場に関する調査はいまだ十分ではありません。近代化の過程において、比較的短い期間でこの分野で成果を上げることのできた日本の経験は、これらの国々の人々にとって大きな魅力があります。グローバル・アジェンダは日本の知識、経験、技術をこれらの国々の発展に活かせるような橋渡しの役割を果たしたいと考えています。

 また、市場調査と同時に調査対象企業の購買担当者とコンタクトを取り、クライアント企業の製品・サービスへの購買意欲があるかどうかも打診し、可能であれば、販売ルートの開拓を目指します。調査事業は複数の企業によりファイナンスされるため、驚くほど安価に必要な情報を収集できます。また豊富なネットワークを活かして、現地での事業の認可に必要な政府関係者との交渉もお引き受けします。

​オープン・イノベーションによる成長

 近年、急速に伸びているのが、組織や国境を越えた協働による新規事業の開発です。もはや、ひとつの組織内でイノベーションを生み出す時代は終わったと言われています。長年イノベーションをリードし続けてきた革新的企業でさえ、市場の変化のスピードについていけず簡単に消滅してしまうのを我々は目にしています。企業自体もいずれ無意味になり、プロジェクト毎に様々な組織が共同で研究開発を進め、利益を上げていくことがこれからのビジネスの主流になっていくと予想する識者もいます。これがいわゆるオープン・イノベーションです。我々も既にこの考えに基づいた製品・サービスの開発を日本の複数の企業、海外の研究機関などと共同で進めています。このスキムにより、現在多くの日本の企業が直面している海外市場の壁を容易に乗り越えることが出来ると我々は確信しています。

政策関連調査

 グローバル・アジェンダの得意分野は公共政策に関する調査です。ビジネス・パーソンにとって政策に関することは通常のビジネスには直接関係ないと思われる方もいらっしゃいます。しかし、現代社会において、市場や社会をより良い方向に導くための政策、そして、それを担保するための法律は日々変化しています。また、多くの企業がグローバル展開している昨今、各国の様々な政策に関する指針、動向、今後の展開を知ることは、ビジネスチャンスをいち早く掴み、イノベーションを生み出すためには欠かせない知識となりつつあります。

 この分野に関しても、グローバル・アジェンダは、スタッフのこれまでの政策調査の実績、国内外でのネットワークを活かして、日本の企業の市場拡大のための鍵となりうる政策関連調査を実施していく予定です。また、その成果を英文レポートや国際会議の参加により、世界に発信していくことで、日本の企業やNPO等の非営利団体、地方自治体のプレゼンスを高めていきたいと考えています。

 このような社会課題の解決は、ビジネスを成長させるための大きな機会であると捉えるべきです。これを実証するために、日本で現在進行している超高齢社会の対応策を考えるための研究会Forum on Social Innovation in Ageing Societis (SIAS研究会)」を神戸市産業振興センターに籍を置く起業家を中心メンバーとして立ち上げました。2015年10月から始まったこの研究会ではワークショップ、勉強会、講演会における様々なアクターの対話を通じて、多岐にわたる課題解決のための新たなイノベーションを生み出すことを目的としています。我々はその成果を日本語の書籍、政策提言を中心とした英文レポートとして出版を予定しています。くわえて、イノベーションによる課題解決の手法を海外の関係者と共有するために国際会議での発表もを計画しています。また、英文レポートの発表により、日本の都市のWHOの「高齢者に優しい都市グローバルネットワーク」への参加を促すことを意図しています。

 

真のグローバル人材とは?

 

 グローバル人材とは誰のことでしょうか?一般的なイメージは日本人が不得意な英語が出来る人、あるいは一歩進んで、英語でビジネスが出来る人というのが一般的な理解のようです。でも本当にグローバル社会で活躍できる人というのは、世界中の様々な民族の政治や文化、宗教、言語、立場の違いを理解し、その違いを乗り越えて、より高い目標に向かって協力し合える人のことを指すのではないでしょうか。一見、とても困難なことのように思えます。

 しかし、好奇心と Open-mindedness(広い心)、そしてチャレンジ精神を持って世界と向きあえば、そういう人材になれると私達は信じています。もちろん、そのための勉強を怠ってはなりません。逆説的ですが、世界と向き合うためには自分自身を、例えば今まで当たり前だと思っていたこれまでの自分の生活環境やビジネスのあり方を見つめ直すことでもあると思います。その中にきっと新しい発見があるはずです。そして、私達は新しい世界への扉を開くための案内人でありたいと願っています。

留学コンサルティング・サービス
 

 Global Agendaの講師陣は米国、カナダ、オーストラリア、イギリス、ドイツ、イタリアなど様々な国で、留学や仕事を通じでの生活体験があります。また、在日の各国領事館や奨学金支給団体、国際交流団体、外国の学校や大学の関係者等とも交流がありますので、留学希望者に見合った最適なサービスを提供できます。もちろん留学に必要な書類や査証の手続き、エッセイ作成等のサポートの対策も万全です。是非お気軽にお問い合わせください。

 また、正規の留学の前に、より手頃な価格で英語力を高めたい方、ビジネス英語を短期間で習得したい方にはフィリピン留学という選択肢もあります。30年以上日本に滞在し、名古屋大学で博士号を取得したアーネル・コンセプション氏が運営するABConcepcion Consulting-フィリピン留学関西センターはフィリピンの優良な語学学校と協力関係を結び、フィリピンへの語学留学を斡旋しています。フィリピン観光局とも密接な関係を結んでいるコンセプション氏のコンサルティングは大変評判が良く、多くの留学経験者から感謝の言葉を頂いています。まずは気軽に英語留学から始めたいという方はぜひコンセプション氏のサイトを訪問してください。

関西の帰国子女の進学なら高い実績を誇るGlobal Agendaへ

 

 関西の帰国生・帰国子女の進学及び学習支援サービスに特化したサイトを作成しました。Global Agendaは関西の帰国子女・帰国生入試で高い実績を挙げてきたプロ講師陣により設立されました。応募書類作成補助・英語・小論文・面接対策コースでは、他にはない確かな成果をお約束します。是非体験コースで、私達の指導内容の高いクオリティを実感してください。

 

 指導場所は事務所及び教室のある神戸市内だけでなく、ご家庭での指導にも対応いたします。ご家庭での指導ですと、年少のお子様の場合、夜間や週末に外出させる必要がなく安心です。また、保護者の方の送迎のお時間、受講生の受験前の貴重な勉強時間を無駄にすることがありません。是非、一度お問い合わせください。

 

Global Agenda

グローバル・アジェンダ

 

〒650-0011 

神戸市中央区下山手通2-13-3 建創ビル9F 

 

Kenso Building 9F, 2-13-3 Shimoyamate-dori, Chuo-ku, Kobe, Hyogo 650-0011, Japan

 

Tel:  (050) 5899-5753

                   

e-mail: its.globaleducation@gmail.com

 

Home page:  http://www.global-agenda-21c.com/

Join us on: 

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2014-2018 by Global Agenda  

Proudly created with Wix.com 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now